カラーチャート

フライヤー印刷は業者に依頼しよう~広告に活用できる~

発送を代行

はがき

DMは集客効果の高い広告ですが、運用するためには時間がかかることもあります。DMの発送を行うとなると、かなりの時間がかかるためDM発送代行業者に依頼して発送してもらうのも一つの方法です。

この記事を読む

広告媒体の一つ

のぼり

のぼりを使って宣伝を行うのなら、オリジナルののぼりを作成してみるのも一つの方法です。既成品ののぼりを業者から購入することもできるため、お得にのぼりでの宣伝を行いたいなら購入してみましょう。

この記事を読む

用紙を用意

広告

チラシやビラをはじめとする、フライヤー印刷を行うのであれば業者を見つけておくことが大切です。というのもフライヤーによる、宣伝を行うとなると、配布エリアや配布先にもよりますが、大量のフライヤーを用意する必要があります。このため、印刷に時間をかけてしまうとすぐに宣伝を行うことができないのです。ただ、業者に依頼すれば大量のフライヤー印刷を短時間で仕上げてくれます。最短で、依頼から翌日や長くても1週間ほどで仕上げてくれることもあるため、すぐに宣伝をしたいという企業にとっても最適です。ただ、フライヤー印刷を業者に依頼するとなるとかなりのコストがかかってしまうのではと疑問を感じてしまう人も多いようです。ただ、業者によっては100枚2000円以下で印刷してくれることもあるためコストを抑えることができます。100枚や1000枚単位での依頼を引き受けていることが多いため、依頼する枚数には気をつけましょう。

ただ、フライヤーの配布方法によっては折り加工が必要になってくることもあります。100枚以上あるフライヤーを一つ一つ、折り加工していくのは簡単ではありません。ただ、業者によっては折り加工を依頼することもできるのです。折り加工を行うとなるとその分、コストがかかってしまいますが、それでも100枚3000円以下で行ってくれるところもあります。フライヤー印刷を行ったあとは、その発送方法も考えておくことが大切です。DM発送代行業者に依頼するのも一つの方法です。

種類を確かめよう

はがき

DMでハガキを発送するなら、用紙サイズやカラーの有無などを選ぶことが大切です。用紙サイズが大きくなればなるほど、情報を詰め込むこともできるため企業にあった用紙を選びましょう。

この記事を読む

Copyright© 2016 フライヤー印刷は業者に依頼しよう~広告に活用できる~ All Rights Reserved.